借金と銀行業法

借金と銀行業法についての解説

貸金業法では、個人が借りられる総額は、年収の3分の1までにと制限される総量規制というものがありますが、これは貸金業法だけで銀行業法には適応されていないんですよね。

だから銀行ではおまとめローンなどと銘打って、多重債務を一本化するように宣伝していますよね。
借金と銀行業法が結びついて商品化したって感じですが、多重債務を一本化することにより、借金のための借金をすることとなり、返済状況がさらに厳しくなることも・・。


多重債務で苦しんでいる人は、任意整理がいいみたいです。
任意整理をすれば、利息の引きなおし計算で借金が減ることもあるし、法定利息を超えた利息に関しては過払い請求ができるようです。
借金って一本化するよりも、任意整理で少しずつ負担を減らした方がいいってことなんでしょうね。
それなのに、銀行ローンで多重債務の一本化を勧めるものが増えていますよね。
これって債務者のことを考えているものではなく、銀行の儲け主義を押し出したものなんだろうなあ。
だけど、そういうことがよく分からずに、一本化する方がメリットが多いと思って、一本化した人もたくさんいるんでしょうね。
そして一本化した銀行からの新たな債務で苦しんでいる人って、少なくないのかも。

参考サイト

りそな銀行カードローン審査!即日申し込み窓口【りそなプレミアム】

りそなプレミアムカードローンの利用をするためには、審査に通過しなければなりません。この審査に通過できないと、お金の借入をしたくても出来ないので要注意。そして、この審査が厄介になっているのです。というのも、審査に通過する条件がネットで公表されていないからです。ただ、審査時に記載する項目からりそなプレミアムカードローンの審査条件を予測することが可能です。

(www.bankcard-loan-shinsa.com/より)

Copyright 2011 知ってる?住宅ローンおすすめサイト, Inc.