自動車購入と残価設定ローン

自動車購入に残価設定ローンを活用

自動車を購入する時って、ローンを組む人がほとんどじゃないかな。
自動車購入ってかなりの出費ですからね。
そう簡単に一括で支払うわけにもいきませんよね。
で、そんな自動車ローンで興味深いのが残価設定ローンです。
残価設定ローンは、3〜5年後の車の下取り分を最初に差し引いてローンを組むというものなので、普通のローンよりは負担が少なくなるんですね。

でもそれが得かどうかという話になると・・ちょっと違うようです。

というのも、残価は全て払わなきゃいけないので、5年後に車を買い取るということであれば、差し引いていた下取り分を最後の支払いの時に払わなきゃいけないんですよね。

で、新車に乗り換える場合や、車を返してしまう場合には、残価を払うことはないんです。
ということは、これがほんとにお得なのかというと、そうではありませんよね。
だって、結局はどのパターンを見ても、普通のローンと最終的には変わらない費用が発生してしまいますから。
ただ、新車購入時の最初の負担を減らしたいという人には最適なローンですけどね。

それにしても、自動車購入と残価設定ローンって、うまく考えられていますよね。
若くてお金のない世代や、車が大好きですぐに新車に乗り換えるような人たちにとっては、残価設定ローンって便利なのかもしれないなあ。

Copyright 2011 知ってる?住宅ローンおすすめサイト, Inc.