親子リレー返済など

フラット35と親子リレー返済

住宅支援機構のフラット35には、親子で返済できるシステム、親子リレー返済っていうのがあるんですね。
これは条件に当てはまる後継者を立てることにより、70歳以上でも借入申請ができる上、後継者の年齢で返済期間を計算してもらえるというもの。

例えば親子で債務者となり家を購入し、ローンを返済していくという場合に最適なんでしょう。

親子リレー返済を利用せずに家を購入する場合、例えば60歳を過ぎている人であれば、19年という返済期間になりますが、親子リレー返済で後継者と共に家を買った場合には、後継者の年齢に合わせて返済期間が決まるので、最長で35年ローンを組むことも可能なんだとか。
返済期間が長くなれば、その分、月々の負担は減るため、年をとっていても家が買いやすいというのがメリットでしょう。
それに後継者も連帯債務者となるので、親が年をとって払えなくなった場合には、残りの支払いは後継者に任せることができるし、何かと心強いですよね。


家が欲しいと思っても、年をとった親世代だけの収入では難しい面もあり、また若い子ども世代にもかなり負担の大きい面がありますが、その両方の収入を上手に生かして、親子で力を合わせて家を購入できるというのが、親子リレー返済のメリットなんでしょうね。

住宅ローンシュミレーションを活用しましょう!

住宅ローンシュミレーション!金利・手数料比較!【借り換えは?】
住宅ローンシュミレーションの賢い使い方とは?
そろそろ借り換えを考えている方にも便利なシュミレーションをぜひご利用ください!
シュミレーションしておすすめの住宅ローンもご紹介しています。
www.interuser.net/


Copyright 2011 知ってる?住宅ローンおすすめサイト, Inc.